【北浦和・カフェ】cinq(サンク)のランチへ行ってきた!メニュー・予約方法・待ち時間についてもまとめました

カフェレポート(さいたま市)

北浦和にあるカフェ「cinq(サンク)」へ行ってきました。

季節の野菜をたっぷり使った定食ランチが絶品。
自家製ケーキもとっってもおいしかったです(๑´ڡ`๑)

人気カフェのため、予約または開店前に行くのがおすすめですよ。
予約方法もあわせてご紹介します。

(訪問日:2018年8月25日)

スポンサーリンク

北浦和徒歩5分の超人気カフェ

場所は北浦和駅東口から約5分ほど。大きな看板が出ておらず、初めてだとちょっと分かりづらいかも。

理容室の手前、ブラックボードが置いてあるところを右手に入ります。

緑に囲まれた細道の奥がお店。2階建ての店舗です。

店内の様子

客席は1階と2階、両方にあります。

2階席の方が広々してるので、予約のお客さんは優先的に上へ通されました。

▼こちらは2階席の様子。

奥には4名ほど座れる長椅子の席や、2名がけテーブル席が。

私と友人は、階段の下が見下ろせる横並びのソファ席に座りました。ここ、カップル席かも。今回は女子ふたりだったけど(笑)

オーディオ機器が地味にこだわっていそうなラインナップ。

サンクカフェのメニュー

ランチメニュー

ランチメニューはオープンの11:30から、なくなり次第終了です。

内容は季節によって変わるようで、この日は夏野菜たっぷりの「定食」と「海老のガスパチョ カッペリーニ(冷製パスタ)」のふたつがありましたよ。

お菓子(スイーツ)のメニュー

お菓子はどれも、素材にこだわった自家製。定番ケーキと季節のケーキがあります。

8月後半は桃スイーツを扱っていました。

【定番ケーキ】

  • チーズケーキ 500円(+税)
  • ラズベリーチョコレートのケーキ 550円(+税)

【季節のケーキ】

  • ブルーベリークランブルケーキ 500円(+税)
  • 桃のショートケーキ 550円(+税)
  • 桃のババロア 550円(+税)

【スコーン・マフィン】

  • 全粒粉のスコーン・季節のスコーン 1個250円 2個500円(+税)
  • マフィン各種(店頭にて)

ケーキや焼き菓子はテイクアウトでも販売しています。

ドリンクメニュー

コーヒーはハンドドリップ、紅茶は大西進さんの紅茶ブランド「テテリア」のものを使用。(茶葉の販売もあり)
ソフトドリンクやビールなども置いています。

【コーヒー】

  • マイルドブレンド 500円(+税)
  • ビターブレンド 500円(+税)
  • シングルオリジンコーヒー 550円(+税)
  • アイスコーヒー 500円(+税)
  • カフェオレ 600円(+税)
  • アイスカフェオレ 600円(+税)

【紅茶】

  • ニルギリ 630円(+税)
  • アッサム 630円(+税)
  • カモミールティー 650円(+税)
  • アイスティー 500円(+税)
  • 煮出しミルクティー 650円(+税)
  • アイス煮出しミルクティー 650円(+税)
  • アイス煮出しミルクティーフロート(夏季限定) 750円(+税)

(ホットの紅茶はポットサービスです。)

【ソフトドリンク】

  • 自家製ジンジャーレモネードソーダ 650円(+税)
  • 国産有機トマトのジュース 490円(+税)
  • 国産有機みかんのジュース 490円(+税)
  • 北海道牛乳 ice/hot 450円(+税)

【クラフトビール】

  • 瑠璃 -Ruri- 750円(+税)
  • 伽羅 -Kyara- 750円(+税)
  • 毬花 -Marihana- 750円(+税)

【季節の飲み物】

  • サマーミントブレンドティー ice 500円/hot 630円(+税)
  • ルイボスオランジュリービオ 630円(+税)
  • ピンクローズブレンドティー ice 500円/hot 630円(+税)
  • ピンクローズみかんブレンドティー 650円(+税)

本日のオーダー

  • 定食ランチ
  • アイスティー
  • 桃のショートケーキ

冷製カッペリーニもおいしそうで気になったのですが、初回はまず定食をいただいてみることに。

定食ランチ

この日の定食のお品書きはこちら。品数豊富、季節のお野菜たっぷりです。

・白米と玄米の混合米
・枝豆と蓮根ときくらげの飛竜頭 2種のピーマンの黒酢あんかけ
・南瓜と緑豆のメープルシロップ和え
・切干大根のアラビアータ
・ズッキーニのレモンマリネ
・ゴーヤの佃煮
・モロヘイヤのお吸い物
・グリーンサラダ

メインは飛竜頭の黒酢あんかけでした。飛竜頭(ひりょうず)=がんもどきのことですね。
枝豆・蓮根・きくらげ入りで食感がよく、黒酢あんの甘酸っぱさが印象的。おいしいーー!

「切干大根のアラビアータ」がまたインパクトのあるおいしさでした。
ニンニクとトマトが効いたピリ辛の”アラビアータ”味。
パスタじゃなくて切干大根でこの味付けは斬新!家でも真似してみたいです。

「ゴーヤの佃煮」は、ひじきと一緒に甘辛く煮てありました。濃いめの味付けがゴーヤの苦味を緩和していて食べやすい。ウマイ…。

「ズッキーニのレモンマリネ」はあっさりめの味付け。レモンの皮のいい香りがたまりません。

「南瓜と緑豆のメープルシロップ和え」。南瓜とお豆のホクホク感、メープルの優しい甘さがマッチしています。

グリーンサラダは生姜風味のドレッシングがかかっていました。このドレッシングもきっと自家製なんだろうなぁ。

ごはんは「玄米と白米の混合米」。ほんのり塩味が付いてます。
玄米と白米って一緒に炊くのが難しい(玄米の方が火通しに時間がかかる)のに、これはどちらももっちもちにおいしく炊けてました。玄米苦手な人でもぜったい食べられる!

「モロヘイヤのお吸物」は、味噌汁ではなく塩味のシンプルなお出汁。ネバネバモロヘイヤのとろみで最後まであったかです。

もうとにかく全品おいしくて、ひとつひとつ感動しながらいただきました。

旬のお野菜をこんなにいろんな調理法・味付けで楽しめるなんて最高。家で作ったら何時間かかることか…。

桃のショートケーキ

食後は、これまたおいしいとウワサの自家製ケーキをいただきました。

今が旬の「桃」!
桃+クリームが2層も挟まっていて贅沢〜♪

甘くてジューシーな桃と繊細な味わいのクリーム、しっとりしたスポンジケーキ。シンプルイズベストの組み合わせです。
桃は期間が短いので、食べられてよかったー!!

アイスティー

サンクカフェの紅茶は、私が個人的に好きな紅茶ブランド「テテリア」さんの茶葉を使用しています。

アイスティーはインド南部の「ニルギリ」という地域でとれる紅茶。くせがなく、ホットでもアイスでも飲みやすいんですよね。

桃のショートケーキと相性抜群のスッキリした味わいでした。

桃のババロア

友達が頼んだ「桃のババロア」を一口もらっちゃいました。

桃のババロア、めちゃくちゃおいしかったー!
ババロアにもソースにもトッピングにも桃たっぷり。

ショートケーキももちろんいいけど、ババロアの方がより「桃」を存分に堪能できます!おすすめ!

あ…桃スイーツは季節メニューなのでご注意を。次食べられるのはまた来年かなぁ。

サンクカフェの予約と待ち時間について

今回は、サンクカフェによく行く北浦和在住の友人に予約してもらいました。

11:30の開店時間に入店できる場合に限り、予約ができるとのこと。

予約は15時以降に電話、または直接店頭にて受け付けています。忙しいランチタイムにかけないようにね!

 

なお、予約席は席数の半分だけなので、当日行っても入れますよ。

11時になると店頭にウェイティング表が出されます。名前を書いて待ちましょう。

人気のカフェなので(特に土日は)早めに行くことをおすすめします!

ギリギリに行くとお客さんが1回転するまで入れない、なんてことも。

実際に名前が呼ばれて店内に入れるのは開店時間ジャスト(11:30)のため、一度名前を書いて駅周辺をウロウロしてるのがいいかもしれません。

予約の場合も、当日記名の場合も、時間になって名前を呼んだときその場にいない場合”キャンセル扱い”になるので、11:30には必ずお店前にいるようにしましょう。

cinqは大宮quatreの姉妹店

店名「cinq(サンク)」は、フランス語で数字の「5」という意味。

大宮駅近くにあるカフェ「quatre(キャトル=フランス語で「4」)」の姉妹店として2016年にオープンしました。

キャトルカフェさんの方は残念ながら閉店(長期休業中…?)なんですよね。

そのためサンクカフェにお客さんが集中してるというのもありそうです。

サンクカフェ(cinq)の店舗情報

営業時間や定休日など、お店の基本情報はこちらをどうぞ。

▼地図入りのショップカードも載せておきます。

コメント